2013年03月

今日はカメラマン不在の日

自分で入れたコーヒーが不味い、が2杯を飲み干す

仕事開始

イメージ 1
千歳からお越しのT橋さん
ずーとテンプラ車検だったので
ガッチリ整備したいとご来店
先ずは洗車

イメージ 2
リヤロアアームのフレーム側のブラケット
嫌な予感、バリる

イメージ 3
バリった結果を遠くから見る

イメージ 4
近寄って見る
今回の車検も楽には終わりそうも無いべな
サッサと洗って工場に入れる

イメージ 5
アンダーカバーを外す
ボルトが全部固着
チンをする

イメージ 6
これだけのアンダーカバーを外すのにも
小一時間ほど要した

部品を拾い出し注文
キャリパーO/H、パッド交換、FハブO/H、リヤブレーキシューリーディング側交換


イメージ 7
アバンタイム

イメージ 8
V6エンジン
奥のバンクは全く見えない

イメージ 9
よりによってNo5のコイル

イメージ 10
その他も拾ってるべな
保存しておく

イメージ 11
ここからが
心の目、指先の目をフル活用

イメージ 12
オニューのコイル6本

イメージ 13
問題のコイル
写真では0.6だが0.7との間をふらつく
約0.1オームの差

少し半信半疑
残りのコイルは0.7オーム

イメージ 14
変なプラグ

イメージ 15
6本とも似たような状態
走行距離7万キロ
一度もプラグを点検も交換もしていないだろうな
勿論交換

イメージ 16
サージタンクと

イメージ 17
スロットルボディーを洗浄して
組み付け

エンジン始動
イメージ 18
上から

イメージ 19
下まで
No Fault
良かった良かった

イメージ 20
DS708
楽しいな
使いこなせばすごいことも出来そう
その前に英語の勉強が必要



ハイエースは鍛冶屋仕事がメインイベントになりそう

アバンタイムはイグニッションコイルのリコールがあったようですが
この車は対策在のステッカーが張ってありました。

新品のコイルと古いコイルの品番は同じなので対策在なんだべな

故障の原因はプラグの劣化磨耗により要求電圧が高くなり
コイルに負担がかかったのかな?
プラグが主原因でコレだけで直ったのかも知れないが
プラグ交換だけを2度繰り返し、その後に又コイルを交換する
羽目になったらコッチの方が財布にダメージだべな

この車もプラグ交換するためにはチョイと気合が必要なので
車検時には中々点検はしないべな・・したくないが本音よな。

今日の予定は昼飯抜き一服タイム無しで塗りに集中

そー言えば使う防錆剤を決めていなかったのでN村さんに確認の電話をする

>> 使う防錆剤は松竹梅の内どれにするべか
<< 一番高いので良い物使って

GMC-1000に決定

開始
イメージ 1
先に防錆ワックス

イメージ 2
前から順番に
穴と隙間の全てにノズルを差込

イメージ 3
後ろまでの穴全てを征服
塗っている最中はカメラマンは来ない

イメージ 4
GMC-1000開始

イメージ 5
途中省略
塗り終わり

次の工程
イメージ 6
又、ワックス開始
バンパーやテールランプに隠れているグロメットを外して
ノズルを奥の奥まで挿入

イメージ 7
マスキングを剥がして

イメージ 8
5枚のドア内部も同じく挿入

イメージ 9
ピラー全ても同じく

イメージ 10
ワックスを塗っている間にGMC-1000が乾いたので
組み付け

イメージ 11
今日は飲まず喰わずでよく働いた

イメージ 12
完成

暫くはワックスの匂いがしますのでご理解ください

全ての穴と隙間を攻略するのは結構な時間がかかったべな
袋状になった中はやはり防錆ワックスの方が良いべな

単なる一般的な防錆処理で何も外さず、マスキングだけで塗れば
全工程2時間もかからないで塗れます。

2日間でトータル4本の三五缶しか飲まずに早寝の結果、今朝の体調は万全

効率の悪かった2日間の遅れを取り戻したいところだが

効率の良い作業なんて事は元々無いに等しいので今日もボチボチやるかと

出勤しようとしたところ女房が曰く

>> ぶつけられた代車のランクル、まだ直してないの
<< 完璧に直したべ
>> 直ってないよ、し~らない私じゃないから

犯人は私ですと言っているようなもの

急いで工場に行く

イメージ 1
割れてる
女房のランクルのフォロントバンパーにはちゃんと証拠があったのは言うまでもない

暫くはコレをネタにして優位に立てるべな

さて、仕事の前に
イメージ 2
コレを飲んで3倍働けとよ

イメージ 3
外でランクル60の冷却水のエア抜き
その後テスターを掛けに行く

イメージ 4
左テールランプ不灯
ギボシ腐食

イメージ 5
ギボシ入れ替えて接点復活材で完了
エイプリールフールの1Rに予約

当日振興会のオネイ様に
「予約はウソだピョ~ン」
と言っても通じないべな


イメージ 6
新車のNボックス
デリカの死亡宣告を申し渡した
エンルムマリーナのN村さん代替車

錆びでの死亡宣告に懲りたようなので
防錆処理

イメージ 7
インナーフェンダーなどを外す

イメージ 8
前はここまで外した

イメージ 9
一本もののマフラー

イメージ 10
ネジ2本で外れる

イメージ 11
唯一のフランジのボルトに
ネバーシーズを塗っておく

イメージ 12
このままでは3年も経てば朽ち果てるので
常温亜鉛めっきエポローバルを塗る

イメージ 13
塗り完了
いったい一本物のマフラーの値段はナンボなんだべな

イメージ 14
リヤバンパー廻りも外す

イメージ 15
キャリパーとディスクを外す

イメージ 16
ドラムも外す

イメージ 17
グロメット類も全て外す

イメージ 18
明日の準備完了


本当は今日中に塗り終わりたかったべな。

女房に対して優位に立てると思いその気でこき使っていたら
逆切れされてしまった。

昨日は18時30分就寝

ランクル60が夢に出てきたが内容は忘れた

2階から降りてきて朝飯の準備をしている女房の後ろを通ったら

おはよう

では無くて

>> お前くさいな

と鼻をヒクヒクさせながら言われたが、女房は葱を刻んでいる

昨日風呂に入らなかっただけで、葱より臭いのかと急いで

熱いシャワーを浴びる、普段より多めにボディーシャンプーを使い消臭する

出てくると

>> 今日ぐらい休めないの

と優しいことを言われた

休む気満々だったのにそんな言葉を言われたら

休めねぃじゃねぇ~かよ

<< だいじょうぶだ、工場に行く

・・・・お客に電話して断ったのに、再入庫をお願いする



イメージ 1
コレでも飲んで倍働け
と、女房の差し入れ

イメージ 2
H13年のタウンボックス
内地からの嫁入り
見た目は外面もいいし

イメージ 3
下の具合も良さそうだが
性格が悪く、ゴロゴロ、ヒュンヒュンクオォ~ンなどとやかましい

イメージ 4
先ずはゴロゴロから
ハブベアリング左右交換

イメージ 5
ドラシャに残ったインナーレース

イメージ 6
防塵メガネはハゲ頭にするものじゃない

イメージ 7
紙一重を残し割って抜く

イメージ 8
ゴロゴロはもう言わない

次、ヒュンヒュンクオォ~ン
イメージ 9
お客様が言うには
>> エンジンがうるさい、アクセル踏み込んだら唸る

試運転
<< このヒュンヒュンクオォ~ン音はエンジンじゃねいよ
  デフの歯当たりの唸り音だべや
  その証拠としてバックしたら出ないから(リングギヤの背当たりでは出ない)

イメージ 10
納得してもらい、オイルを抜いて
メタリック具合の確認

イメージ 11
オイル交換だけでは直らない事を了承してもらって
固めのオイルを入れる

ユンケル効果が持続中
で次、60
イメージ 12
グリスを

イメージ 13
ベタベタとアッチコッチに塗りたくり

イメージ 14
錆び止めを

イメージ 15
穴から溶接したフレームの内部にも入れる

イメージ 16
ユンケル効果が切れてしまい
プルプルしながらもシャシ塗装を終える


早めに帰ろうと思ったが無理だった。

AM6時目が覚める,ベッドから起き上がろうとしたら体が重い

ネコが布団の上に居るのかなと首を上げて見たらネコは居ない

ヨッコラショと起き上がるが、節々がゴワゴワして鈍い痛みがある

嫌な感じだな、大事を取って「今日は調子悪いので休みます」と

電話をしたいが、誰に電話したら良いか分からないので止める


予定外のフレームの補強だけは終わらせないと先に進めない
薬でも飲んで今日をしのごうとしたが、常備されている薬は

胃薬と水虫薬とN垣さんから貰った湿布とバンテリン

鈍い痛みのある関節と腰にバンテリンをたっぷり塗って出勤
直ればいいな

イメージ 1
先ずは現状の把握
プラズマ切断機でフレームに穴を開ける

イメージ 2
フレームの中は剥がれ落ちた錆びがザックザク

イメージ 3
掃除機とエアガンで吸い取るが苦戦する

イメージ 4
切り出し穴あけの終わった補強板の内側に
ローバルを塗る

イメージ 5
フレーム側も磨いて

イメージ 6
ローバルを塗る

イメージ 7
シャコ万で

イメージ 8
固定して

イメージ 9
溶接 ジジジ

なんだか、股間の横が暖かくなってきたが
気にしないで溶接していたら

ぁち~ぃ
イメージ 10
高い股引とパンツまで燃えた

イメージ 11
ちん○が燃えなくて良かったと
女房と笑う

馬鹿者夫婦

今度はスネが・・
子供も独立してスネをかじられる事はもうないが
イメージ 12
又燃えた

学習能力が欠如
赤いのは延焼中の火種
2度目なので少し余裕

相変わらず関節に腰には鈍い痛みが有るので
お灸代わりに丁度良かったべな

イメージ 13
何とか

イメージ 14
溶接も終わり

イメージ 15
さび止め塗って
補強が完了

イメージ 16
フレーム内部の状態




寒気もしているので

今日は早めに帰って晩酌

一晩寝たら直るべな

指の骨折よりはマシだね。

↑このページのトップヘ