2009年07月

「ドラ焼きとウオーターポンプ7月10日 その1」
http://blogs.yahoo.co.jp/routoru_g/29832336.html
から見てね。




イメージ 1


シャフトにベアリング挿入

その前にプレスからシールを入れたドラポンを移動しようとして
素手で掴んだら、ヤケドしたので軍手着用



イメージ 2


ケースにシャフト挿入



イメージ 3


見えないけど
インペラも炙って


イメージ 4


挿入


イメージ 5


何だか

挿入作業ばっかりでした


イメージ 6


錆止めコーティングを塗って
一晩乾燥させて


イメージ 7


4月にこんな所で採った



イメージ 8


行者にんにくの



イメージ 9



醤油漬けを添えて
今日発送




今回のウオーターポンプに限らず毎度こんな感じで修理作業を進めています。
決して効率的な作業内容じゃねぃべしな。


たくさんのお金儲けはできねぃけど、たくさんの色んな仕事を皆さんが持ってきてくれます。
今回のウオーターポンプは「おいやん」の「おだてる作戦」に嵌められたようだべ
http://blogs.yahoo.co.jp/yamajp36/48948058.html


日々作業過程をアップすれば良いのだろうけど今回も纏めてのアップ
アップするネタは沢山あるのだけどなぁ~

ガッキを作るのに更にもう1日余計にかかるべぇ~~
・・でも平日なので食料調達はダメよな



イメージ 1


ガッキに充填剤を盛る


イメージ 2


盛ってしまったら13日の作業は終了


イメージ 3


翌14日
ガスケットの当たり面などの腐食部の肉盛りした所の面出し


イメージ 4


最初はゆっくり撫で回すようにシコシコと


イメージ 5


気分が乗ってきたら
御覧の通りに


イメージ 6


面研完了



イメージ 7


ここまできたら後は組立なので
とりあえず炙る


イメージ 8


80度弱



イメージ 9


冷めない内にメカニカルシールを入れる





つづく

12日丸1日をアルミ充填剤の硬化時間にしたため
ドラ焼きポンプの作業が中断したので別の作業に取り掛かろうと
思いましたが、途中半端になるので別作業も断念せざる終えませんでした。







イメージ 1



有効的時間の活用方法



イメージ 2


朝9時までの予定でしたが、相棒↓↓が狙い物のヒラメが釣れずに往生際が悪く

http://blogs.yahoo.co.jp/routoru_g/18881912.html
結局夕方まで竿を振っていましたが、相棒は結局ヒラメは釣れなかったべよ


イメージ 3


相棒にはヒラメ以外の魚全てをプレゼントしたべ
http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/e6/30/routoru_g/folder/286298/img_286298_18826673_3?1224499448

おいやんの御かげで久しぶりにヒラメを喰うことができました


イメージ 4


たっぷり丸1日硬化する時間を与えたドラポン


イメージ 5


クリヤファイルを剥がした部分のアップだけど、ボケボケ


イメージ 6


表面仕上げをしてから


イメージ 7


アルミの溶接棒を丸めて輪っかにして


イメージ 8


ドラポンにハメて


イメージ 9


ガッキを
作る



まだ、つづく

土曜日だなぁ~~~。


つづきです。



イメージ 1


欠けている部分に



イメージ 2


バンパー補修用のガラスクロスを貼り付けて



イメージ 3


準備万端
アルミ充填剤を練り合わせて



イメージ 4


塗る
手に付いてきたねぃべよな


イメージ 5


ヘラで塗ったままでは凸凹なのでクリヤーファイルを巻付ける


イメージ 6


こことガスケット面も補修だな


イメージ 7


このパイプにもモリモリ


イメージ 8


ヘラじゃ上手く塗れネィので
指で塗る


イメージ 9


きてます、きてます。





11日の作業はここまで。
後は充填剤が硬化するのに24時間ほど掛かるのでその間は作業ストップ。


・・そうだ・・
空いた時間を有効利用しようと思います。

何が有効か?じっくり考えてみます。



つづく

今の所、突発性緊急仕事も発生しないので順調に進んでいます。


イメージ 1


シャフトをプレスで


イメージ 2


バキバキベキべきと抜いた


イメージ 3


ひどいサビを落としてから


イメージ 4


ブラストで「しゅしゅっ」


イメージ 5


結構虫食いだらけ


イメージ 6


特にこの部分はだめダベなぁ~
と、修復方法を考えて居た所
「突発性緊急仕事」が入り
ドラ焼きポンプの作業は終了、又明日

イメージ 7

翌11日
ケースが「アルミダイキャスト」の様ですし
腐食が激しく溶接を試みるが、あっけなく断念
そこで
アルミ充填接着剤で誤魔化すことにしました

黙ってればわからねぃべよな



イメージ 8


中骨の代用でクリヤファイルをチョキチョキ切って


イメージ 9


丸めて入れる





つづく

↑このページのトップヘ